EASTERN & ORIENTAL EXPRESS

イースタン& オリエンタル・エクスプレス - 東南アジア

イースタン& オリエンタル・エクスプレスは、シンガポール、タイ、マレーシア、ラオスという、世界でも指折りのエキゾチックな魅力に溢れる国々を走り抜ける豪華列車です。

贅沢なプライベート・キャビンは、お客様のご旅行中、ほっとくつろげるスタイリッシュな空間を提供してくれます。車窓からは外の景色をじっくり堪能することができます。

カクテルやディナーでは、旅を共にする他のお客様たちと楽しいひと時をお楽しみください。村の長老や象使いから、知識の豊富なワインのエキスパートまで、現地の方々との出会いもまたこの旅の魅力です。

列車

イースタン& オリエンタル・エクスプレスの贅沢なキャビン

上品に修復された列車のインテリアには、優美な寄木細工とチーク材のパネルがふんだんに用いられています。

豪華な木製のパネルで装飾された快適なキャビンは、プルマン・キャビン、ステイト・キャビン、プレジデンシャル・スイートの3タイプからお選びいただけます。キャビンは全室冷房完備で、シャワー、トイレ、洗面台のほか、大きな車窓も付いています。ご旅行中は、各キャビン担当のスチュワードが24時間ご要望に対応いたします。

最後尾にあるコロニアル様式の展望車もぜひご利用ください。日中は美しい風景を堪能し、夜はカクテルやエンターテインメントをお楽しみいただけます。後ろ半分がオープン・デッキになった展望車は、美しい写真が撮れる絶好のスポットです。

ダイニング

イースタン& オリエンタル・エクスプレスでの豪華なお食事

イースタン& オリエンタル・エクスプレスの有名シェフたちが腕を振るうアジアやヨーロッパ料理は、世界の一流レストランに匹敵するレベルです。イースタン& オリエンタル・エクスプレスの全てのコースは季節限定で、いずれもシェフの手によって産地直送の最高食材をふんだんに盛り込んで作られています。

ランチとディナーは、2輌あるレストラン・カーでお召し上がりいただけます。また朝食のクロワッサンとフルーツ、コーヒー、紅茶、ジュースは、担当スチュワードがキャビンまでお持ちいたします。

アペリティフやカクテルはバー・カーでどうぞ。専属ピアニストが音楽を奏でる中で、ディナー前の楽しいひと時をお過ごしください。ディナーの後は、ゆったりとくつろぎながら、現地ならではのエンターテインメントでお楽しみください。

コース & 目的地

アジア各国を巡る豪華列車コース

アジアの魅力に初めて触れる方には、バンコクとシンガポールの間のコースが最適です。

緑が生い茂るジャングルや茶畑の間に農村が点在する、魅惑的な秘境を訪れてみませんか?

高原に茶畑がどこまでも続くキャメロンハイランドや、歴史的に重要なクウェー川鉄橋も訪れます。

イースタン& オリエンタル・エクスプレスは、お客様ひとりひとりにきっとご満足いただける旅をご用意しています。

主な特徴

列車 美しい装飾と冷房を完備した22輌の車両
キャビン プレジデンシャル・キャビン、ステイト・キャビン、プルマン・キャビン
その他施設 上品なレスロラン・カー2輌、バー・カー、オープン・デッキの展望車
目的地 シンガポール、マレーシア、タイ、ラオスを結ぶルート
コース 東南アジアクロニクル - 秘境へのエクスカージョンを含む特別プラン

お問合せ

ベルモンドのツアーに関する詳細については、こちらまでお問い合わせください。

グループ & 貸切り

イースタン& オリエンタル・エクスプレスは、80名以上のお客様での列車貸切が可能です。皆様の記憶に長く留まる素晴らしいイベントを主催してみませんか?

通常の設定コースはもちろん、ご希望のメニューやドリンク、エクスカーションを盛り込んだ、オーダーメイドの日程でのご利用も可能です。

ビデオ

豪華列車の様子をビデオでご覧ください。

!-- Start of DoubleClick Floodlight Tag: Please do not remove Activity name of this tag: Our Collection - Trains - Eastern & Oriental Express URL of the webpage where the tag is expected to be placed: http://www.orient-express.com/collection/trains/eastern_and_oriental_express.jsp This tag must be placed between the and tags, as close as possible to the opening tag. Creation Date: 05/30/2012 -->